読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人口

2016年7月3日、日曜、雨。◉二人目の出産で、長期休んでいたDTP担当が退職した。コレは痛い。中国では頭を使うポストは女性が多い。概ね男の方が使えない。 ウチの品質保証なんて全員女性だ。 ◉彼女たちは、日本に比べればかなり手堅く結婚し、そしてすぐ妊娠する。二十代前半が多いからね。二階の事務所は、いつも誰かお腹が大きい。現在八ヶ月一名、来年出産予定一名、産休一名。大丈夫かこんなで。◉街中でもすぐ妊婦さんが目に入る。二人っ子政策に転換して、ますます傾向に拍車がかかるだろう。けどさ今更人口を増やすのヤバい。そう囁くのよ、俺のゴーストが。◉日本国もまだ子供を増やそうって言ってるが、当然アレも間違いだ。年寄りが増えすぎて、それを経済的に面倒を見るのに若いやつが欲しいという話だもん。そんなのダメだろ。僕の勘では、今後人はどんどん要らなくなるのだ。人工知能とロボットが発達するからだ。◉二〇〇五年から概ね予想は当たっている。印刷業界はダメになり、ロボットは介護分野に広がり、iPodと電話の合体したモノが売れた。今後、僕の予想では、ごく一部の使える人材を輩出するため、今までどうしても発生した無駄な人口は抑制される。情報解析と制御技術とシミュレーションが向上し、金持ちは初めから高付加価値のベビーをデザインする。有用な人間だけを効率的に作り、人口を減らし地球を守る。そのようにしてユートピアが来るのだ。