読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AI

2017年4月30日、日曜、晴れ。◉日経を見ていると、AIはすっかり日常単語になったと思う。もう全く実用技術で、家庭に入り込むのも時間の問題だろう。1990年代半ばに興味趣味の世界だったネットは十年ほどで主要メディアになった。AIの浸透には五年かかるまい。◉コンピュータと、ロボットと、AIが揃えば、大抵の人間の仕事はできると思う。というかできん事って何だ?『鉄腕アトム』でロボットが大統領になる話があったと記憶するが、政治もできると思う。◉そこまで行かんでも、会社経営者にとって夢のような話である。企業理念で世の為人の為とか、人財第一とか謳っても、経営資源として見れば社員ほど厄介なものはない。とにかく粒が揃わない。やる事なす事バラバラで、同じ方を向かせるだけで一苦労。「早う全社員を機械化したい」のが本音である。◉これだけ科学と技術が発達したのに、未だに社員が必要な理由は、突き詰めれば(1)対人間相手、(2)何か考え出す、の二つではないかと思う。特にキカイは二番目が苦手だっったが、将棋のプロを負かしたり、病気の診断ができるほどに進化すれば、もうちょっとで人間と同じっしょ。◉素晴らしい時代がやってくる。もう給料も、残業も、ボーナスも、保険も、年金も、労災も、福利厚生も、採用も考えなくて良いのだ。そもそも人事自体が必要ない。考えるのは設備投資だけ、プランはAIが立案する。まさにユートピアだ。