読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車(2)

2017年3月19日、日曜、晴れ。◉先週、大ちゃんが新しくハンドルを取り換えた自転車を見せてくれた。スッキリとしたいいデザインで、試乗させてもらうと非常に具合がいいので、今度マネさせてくださいとお願いした。◉するのその晩、息子が僕の自転車を電柱にぶつけて、左側のデュアルコントロールレバーを内向きに90度ひん曲げた。メガネが跳んで行方不明だというので、一緒に探しに行く。メガネは歩道に落ちているのが見つかったが、自転車はこれはもう自転車屋で修理するしかない。◉僕が中国にいる間、ビアンキ・ルポはは息子が使っていて、当然のように色々劣化させた。右側のレバーについてもギアポジション表示部の透明なカバーがない。自分で金を払ってないものは大事に扱わん。◉もともと遠乗りする気がないので、適当に直して乗っていたが、今回はきちんと修理せんと仕方がない。自転車指導者である大ちゃんに相談する。ちなみに大ちゃんは、日帰り知多半島100キロくらいは普通にやっており尊敬する。右側のコントローラだけで彼の家に向かう途上で、もうこの際、先週見せてくれたハンドルに変えよう決めていた。◉相談すると今から同行してもいいというので、彼のライトエース乗っけてもらってニコー製作所に自転車を持って行った。大いに助かる。ハンドルはブルホーン形状というらしい。ギアチェンジのレバーをダウンチューブの両側に取り付けた古いスタイルになる。