読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィギュア

2017年2月25日、土曜、晴れ。◉去年の秋京都に行った時、鳥羽僧正ゆかりのお寺とかいう事で「鳥獣戯画」の手ぬぐいとかグッズを売っていた。その中に兎と蛙の小さなフィギュアを見つけて、欲しかったが売り物ではなかった。◉しかし今頃大須に行けば手に入るんじゃないか。で、行ってみたらありました。

f:id:bootonChina:20170226211403j:plainコップのふち子タイプ、7種セットで2,100円。この精巧なフィギュアが1個たった300円!素晴らしい。大変なお買い得だと思います。◉驚ろくべきはこの蛙で、この姿勢のまま自立する。なんというバランス感覚。まさに名工の技。私は日本に生まれて本当に幸せです。そして大人買いできる今の自分を褒めてあげたい。子供らよ大人には勝てまい。経済力の勝利じゃ。◉他にも「日本全国まめ郷土玩具」シリーズがあって、めちゃ欲しかった。がコンプリートできないし、ちょっと高いので諦めた。犬張子が指先大になるだけで、なんであんなに魅力的なるんだろう。思い起こせばすでに小学校の時、京都への修学旅行で清水焼の小さいダルマ(財布に入れておくとお金を呼ぶ)とか買った記憶がある。根っから好きなのだ。◉まめ郷土玩具は海洋堂と中川政七商店のコラボで、1シリーズ6種くらいで第7弾まである。シークレットまで完璧に蒐集するの相当大変。万単位の出費だろう。分かっている。手に入れない時が夢の一番近くなのだ。集め終わったら急につまらなくなる。なんだけどね…