読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

withdraw

2017年1月8日、日曜、曇りのち雨。◉中信銀行中華人民共和国の銀行)の口座に、預金(もちろん人民元)がまだ少し残ったままになっている。去年の夏、帰国するときに口座を閉じることができなかったのだ。日本に支店は無いので、正しく終了するには中国に出向いて自分で手続きするしかない。◉が、そんなことはまっぴらだ。銀聯カードを持っているから、銀行はもちろんコンビニでも日本円で引き出すことができる。セブン銀行なら一日十万円までは大丈夫だ。ったはずが去年の後半から様子が怪しくなった。◉ある日気づいたら五万円しか引き出せなくなり、十一月には三万円になり、十二月には一万円でも『引き出し限度額を超えています』とメッセージ(英文)が出て、全然使い物にならなくなった。◉原因はもちろん中国政府の陰謀に決まっている。預金残高自体は確認できるから、中国の全ての社会インフラが決算を迎える十二月末に向けて、元の流出にブレーキをかけたのだろう。やってらんないぞ。その前の年末はテレビが見られなくなったしなんという困った国だ。ちなみにこの件はネットでは話題になっていない。◉案の定、年が明けたら事態が改善した。一回五万円までは引き出せるようになった。手数料は一回359円だった。レートは今よくないと思う。しかし早めに全部引き出そう。何するかわからん。ある日突然『国外では銀聯カードの使用を凍結します』と言い出すかもしれんし。