読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネットテレビ(3)

2016年1月1日、元旦、金曜、晴れ。◉数日前にママから連絡が来た。お店で宅配袋をもらい、飲みながら受信セットをチェックする。案の定説明書は無い。これじゃ分からんじゃん。ママに“彼”に電話してもらう。こういう事態の為に彼女を咬ましてある。◉「取付けの時、電話で説明すると言ってる」だと思った。「番号わかる?」わかる、彼名前は?「おお私知らないわ!笑」分かった、とにかくやってみる。◉ケーブルは前のが流用できるしリモコンも似ている。勘でも接続はできた。表示は日本語だ。免責事項を同意してユーザー登録画面で彼に電話する。「ユーザー番号とパスワードは機械の下に書いてあります」入力したらメニューが出た。「あ繋がりましたね」それで終わり。◉お試し期間で様子を見る。今放送中の番組は良さそうだが、録画番組を再生すると途中で停止する。夜中に彼にメールを送った。翌日返信が来た。『今は全部のサーバーを生放送に支持して、皆さんの紅白歌合戦の中継を確保して』いるらしい。来週には直るという。◉12月30日にママにお金を持って行った。現金を数え終わると彼女は、その場で携帯アプリから氏名不詳の彼に送金した。僕に領収書は無い。いいよ、この国で確かなものなんて存在しない。◉12月31日、部屋に帰るとWi-Fiがダウンしていた。有線LANもダメで要するにネットに繋げない。ウソだろう…!紅白は結局、海外向けBSで見ましたが。