読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カレーうどん

2015年11月14日、土曜、曇り時々晴れ。◉昨日、上海に行ったので昼はデパ地下で食べる。嬉しい。国慶節明けから会社の給食を食うよう努めていたが、やっぱもういい、無理だわ。あのケータリング食ってるのは苦痛だ。不幸だ。◉昼メシは出来るだけ外がいい。いつもはココイチが多いが、今回は花まるうどんになった。おおええじゃん。うどんなら日本人は詳しいぞ。◉定番花まるうどん、うずら玉子フライ、かき揚げを注文する。しかし薬味ネギが切れていた。そんな状態、セルフうどん店で信じられないよ。通訳嬢に頼んで店員に補給させた。その青ネギを山ほどかけて、七味もたくさんかける。◉同行の通訳嬢は、カレーうどんと鶏から串を選んだ。俺はかき揚げをうどんつゆに浸して食う。通訳嬢が「おいしいですか」と聞くので「うまいうまい」と答えると、彼女も食べかけで席を立って買って来た。カレーに浸して食べて「おいしいです」と言う。ま、そーでしょ、うどんとかき揚げだもんね。◉自分が知る最高のカレーうどんは、名古屋市中区の亀寿だと話す。通訳嬢はそもそもカレーライスが好き。しかしそれは中国では少数派だ。カレーライスは中国ではまだマイナーで、無錫の日式カレーもまだレベルが低い。しかしCoCo壱番屋ハウス食品のタッグは台頭しており、実は無錫市の中心部にもついにココイチが出来る。恒隆広場の地下道に、Coming Soon! の文字が踊っている。