読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本『細雪』

2017年5月28日、日曜、快晴。◉『細雪』(文庫上中下三巻)を読み終える。まず読みや易い。文体は全く抵抗なくスラスラ頭に入った。関西弁の会話がとてもリアル。漢字と仮名遣いが新しくなっているのが助かった。文字も大きい。若い頃買った早川ノベルスなんか今はとても読めない。◉一月で読めたのだから、たぶん面白かったんだと思う。大阪にお金持ち(没落したとは言え)の美人四人姉妹がいて、上の二人は嫁いだが、三女は陰気で見合いに失敗し、四女は勝手気儘でスキャンダルが多く、両方とも片付かないので困っている。という話。◉第二世界大戦末の初老の作家の作品。ディティールの集積が凄い。着物の事とか芸事とかとにかく細かい。特に中心となる次女(幸子)の心の内の記述が、いかにも女らしく感じられる。また実際の店や製品もどんどん書く。スティーブン・キングみたい。◉面白いのは、沢山の病気が出てくる事。黄疸、中耳炎、猩紅熱、赤痢。わずか数年のお話で、登場人物にそんなに罹患させたら、今じゃ返って嘘っぽい。けど、昔はよく病気したらしい。何人も兄弟がいた戦前の家では、大抵一人くらいは幼いうちに病気で死ぬ子がいた。◉漫才師の花菱アチャコは中耳炎で死にかけたと読んだ事がある。中耳炎は死に至る怖い病気だった。お袋はジフテリアに二度かかり、二度目は医者に見放されたらしい。お婆ちゃんがすりおろした大蒜の汁を喉に垂らして助かったと聞いた。

家(2)メンテナンス

2017年5月20日、土曜、晴れ。◉午前中、台所の床を掃除する。東急ハンズで買った業務用洗剤を使う。床面シートは花崗岩の肌に似ていて、汚れが沈着しやすい。台所にこの素材を指定したのは失敗だった。落ちにくい所は歯ブラシで擦る。◉這い蹲って作業していくと、流し台の合板が劣化してビラビラしているのがわかる。洗い物をする立ち位置に床下収納庫の蓋があり、金属枠の周辺が汚れ易い。これも最近あんまり使わん。二時間ほど作業してワックスを引いて完成。◉午後、注文してあった蛍光灯をエディオンに取りに行く。「お店用ですね」と言われたが、実は僕の部屋用だ。ヤマギワの業務用照明で、150センチくらいの長さの蛍光管を使う。当時はかっこいいと思ったのだ。◉そういえば、家を建ててからこの蛍光灯を交換した記憶がない。三十年近くだが、そんなに保つものだろうか。松下電気はすでに生産を終了し、NECが辛うじて作っていた。照明のカバーを外すと、周囲のスポンジが全部硬化してボロボロと粉になって崩れる。それを掃除機で吸う。配線を固定するプラスチック留め具は、ベビースターラーメンみたいに折れてしまった。◉垂れ下がる配線は、幅広の梱包テープで天井側に貼り付けた。もう適当でいいや。どうせ次はLED照明に変更しなきゃならんだろう。蛍光灯はきっちり点いた。めちゃめちゃ明るい。青白い光で落ち着かない。三十年前のコンビニエンスストアみたい。

映画(10)『鳥』

2017年5月13日、土曜、雨。◉録画、ヒッチコックの『鳥』を見る。タイトルの直後、最初のカットで女性が画面右から左へ交差点を渡る。カメラが左へパンして女性を追う。左手から看板(みたいなもの)がフレームインして彼女は一瞬見えなくなる。看板が右に切れていくと女性はその左側から現れる。ペットショップ前の歩道だ。彼女はそのまま店に入っていく。◉思わず巻き戻して確認した。交差点は市街地ロケだ。しかしペットショップ前はスタジオセットだ。影が違うもん、絶対そーだ。ただ構図やパン速度、演技者の歩調が自然でちょっと気づかない。◉つまり看板(上下いっぱいに映る)を利用して、ワンショットのように合成で繋いだのだ。看板の右か左が合成の繋ぎ目のはずだが全然分からない。ただそう考えないと、開巻早々看板が画面を分断する理由がないです。◉視覚的インパクトが第一の映画だが、歳を経てから見ると、主人公の男女、男の母親、小学校の女教師、四人の関係描写に惹かれる。母親のキャラは極めて現代的。とくに、寂れたボデガ湾で美貌を窶していった先生(スザンヌ・プレシェット)に大いに感情移入する。◉そのほか。農夫の家から逃げ去るトラックの立てる猛烈な砂埃、一刻も早くここを抜け出したい気持ちの表現。高空から捉えたボデガ湾のショット。CG以前どこにカメラをセットしたのか。夥しい数の鳥が待つロングショット、雲間から挿す光、この世の終わり。

目標

2017年5月5日、金曜、こどもの日、快晴。◉衛星放送の録画「黒部の太陽」を見る。石原プロと三船プロの合作。トンネル工事のシーンは今でもリアルな迫力がある。全体に堂々としており、アメリカ映画と比べても絵的に遜色ない。昔はその辺が一番の見所だったが、年を食うと別のシーンに感心する。◉関西電力社長の滝沢修が視察にやって来る。トンネル工事は破砕帯に阻まれ大水が出ている。しかし会議では「金の事なら僕に任せてくれ」「破砕帯は必ず抜けます」と誠に頼もしい。ただ公式な会議のあと、関電社長は熊谷組の社長(柳永二郎)を別の座敷に呼ぶ。◉なんとしてもこの冬のうちに破砕帯を抜きたい、春になれば漏水が増えてしまう、三ヶ月でシールド工法を準備してくれ。関電社長は頭を下げ手をついて頼み込む。「どうでしょう、熊谷組さん」(と言ったように記憶します)それまでしきりに鳴いていたヒグラシが、滝沢の気迫を感じてぱたっと鳴き止む。◉「もう、ヤケクソでやりますわ」と、熊谷組の社長が遂には折れる。かなりの部分作り話だと思うが、こういう経営者がいたのかもしれんと思うと、少し胸が熱くなる。泣けます。◉当社は来期の計画を作る時期ですが、企業経営とってに目指すべき高みというのは、誠にもって大切としみじみ思います。無理だろうが向こう見ずだろうが、ゴールがはっきりしてりゃ社員は頑張る。やるべきだからって盛沢山のゴールを設定してもダメよ。

AI

2017年4月30日、日曜、晴れ。◉日経を見ていると、AIはすっかり日常単語になったと思う。もう全く実用技術で、家庭に入り込むのも時間の問題だろう。1990年代半ばに興味趣味の世界だったネットは十年ほどで主要メディアになった。AIの浸透には五年かかるまい。◉コンピュータと、ロボットと、AIが揃えば、大抵の人間の仕事はできると思う。というかできん事って何だ?『鉄腕アトム』でロボットが大統領になる話があったと記憶するが、政治もできると思う。◉そこまで行かんでも、会社経営者にとって夢のような話である。企業理念で世の為人の為とか、人財第一とか謳っても、経営資源として見れば社員ほど厄介なものはない。とにかく粒が揃わない。やる事なす事バラバラで、同じ方を向かせるだけで一苦労。「早う全社員を機械化したい」のが本音である。◉これだけ科学と技術が発達したのに、未だに社員が必要な理由は、突き詰めれば(1)対人間相手、(2)何か考え出す、の二つではないかと思う。特にキカイは二番目が苦手だっったが、将棋のプロを負かしたり、病気の診断ができるほどに進化すれば、もうちょっとで人間と同じっしょ。◉素晴らしい時代がやってくる。もう給料も、残業も、ボーナスも、保険も、年金も、労災も、福利厚生も、採用も考えなくて良いのだ。そもそも人事自体が必要ない。考えるのは設備投資だけ、プランはAIが立案する。まさにユートピアだ。

休日

2017年4月23日、日曜、快晴。◉毎朝大抵は5時ごろ起床する。寝るのは午前零時近くである。全体として睡眠時間は短くても済む方だ。が、最近テレビで聞いた話では本来は8時間半眠るのが生体リズムらしい。◉睡眠不足は休日の寝溜めで補っているが、年齢と共に一日では回復しなくなってきた。朝一旦目覚めても起きる気になれない。それで本(今日は『細雪』少しと、高野文子のマンガ『黄色い本』)を読んだりする内に、すぐ又うたた寝してしまう。ばさっと本を落として気がついて読書に戻る。◉それを繰り返して昼ごろまでベッドにいる。当然朝食は取らず、昼食に呼ばれて初めて起き出す。こういう状態にあまり文句を言わない妻には感謝する。一人だったら全く家事が追いつかない。定年になったら離婚を切り出されそうで不安だ。◉午後は一週間溜まった録画番組を見なくてはならない。この四月からは岡田惠和の「ひよっこ」と、倉本聰の「安らぎの郷」の両方を録ってあるから消化するのが大変なのだ。しかしこれも一二時間で体力が続かず横になる。するとまた寝てしまう。気がつくと四時近くになっている。◉まあ今日は名古屋市長選挙があったので、昼食後に投票に出かけたが、イベントもなく天気が悪ければ、土日を通じてどこにも行かずぼーっとしている。横になれば際限なく眠れる。さすがにマズいわ。夕方無理をして自転車でコーヒーを飲みに行った。明日はまた採用面接だぜっ。

 

f:id:bootonChina:20170423200048j:plain

マンガ(2)『アイアムアヒーロー』

2017年4月16日、日曜、晴れ。◉昨日マンガ喫茶で大ちゃんに会った。自転車ですぐ気づいたらしい。出会っても別々にマンガを読むだけですが。◉『アイアムアヒーロー』が完結した。ゾンビものは細部が徹底して現実感がある方が良い。絵作りは大変だろうけどその方が絶対怖くなる。緊迫感も出る。本作は巧くいったと思う。◉このジャンルは結末が難しい。何と言ってもゾンビ側が圧倒的に強力なわけで、あんな連中を相手に、全部を駆逐して地球に平和が戻りました、なんてのはまあ無理です。かと言って延々ゾンビと格闘した挙句、結局は全部やられちゃいました、だと不毛の行いという印象になる。ゾンビではないが似たジャンルとして「寄生獣」が傑作なのは、この辺の処理が大変良くできていたからだ。◉ちなみにこの作品もちゃんとしたSFだ。オカルティズムや不条理で怖がらせているマンガではない。ゾンビの発生はなんかの最近感染が原因で、ゾンビによって世界が変質していく過程には(全部が開示されなくても)一貫した理屈がある。だからやろうと思えば対抗策はある。体力勝負でゾンビ殲滅まで持ってく手はある。それだと「バイオハザード」だな。◉ただ自分にはこうした怪奇や恐怖を扱った作品に明確な基準があって、要するに「怖い事」です。逆に怖くなけりゃ話の辻褄が良くできていても、作品として価値がない。自分としては結構怖かったし、それなりに堂々と着地したと思う。